クラウドファンディング

ここ数年、資金調達の方法として、「クラウドファンディング」を活用されることが増えてきました。クラウドファンディングとは、インターネット上で不特定多数の人々から幅広く資金を集める資金調達方法をいいます。クラウドファンディングは欧米が発祥ではありますが、現在では、わが国でも多数のクラウドファンディングサービスが出されています。その資金調達先は、ベンチャー企業への出資だけでなく、アーティストへの支援、市民運動、科学的研究、個人的なプロジェクトなど、様々な活動に活用されています。

クラウドファンディングにはいくつか種類があり、資金の拠出に対して金銭的リターンのない「寄付型」、金銭のリターンが伴う「投資型」、物やサービスで対価を受ける「購入型」などがあります。

日本国内でのクラウドファンディングサービスは、出資額に応じて物やサービスという形でリターンを受けることができる「購入型」が大半となっています。「購入型」が多いのは、金融商品取引法や資金決済に関する法律などによって個人間の送金や投資が規制されていることから、「寄付型」や「投資型」よりも「購入型」の方が利用しやすいことによるものです。

「購入型」のクラウドファンディングでは、いかに多くの人にとって興味の湧くプロジェクトを企画し、魅力的なリターンを提供できるかが成功のカギとなるようです。クラウドファンディングのサイトをのぞいてみると、IT起業家だけでなく、eスポーツサークルの立上げ、温泉遊園地の設立、ハロウィン企画の開催、発展途上国へ文房具を送る企画など、実に多種多様なプロジェクトが立ち上げられています。興味深いプロジェクトや、魅力的なリターンのあるプロジェクトに出会うと、思わず寄付しようかという気持ちになります。

これまでは、個人が、他の個人から資金を調達する手段はなかなかありませんでしたが、クラウドファンディングは資金を必要とする人とお金を持っている人をマッチングさせ、眠っている資金を有効に活用し、社会の中で有用なところにお金が円滑に回ることができる、大きな可能性を秘めたシステムです。クラウドファンディングによって、個人の中に散在する資金が活用され、魅力的なプロジェクトが沢山実現していってほしいと思います。

 

名古屋駅すぐ。交通事故、不倫、離婚、労働問題等についての法律相談を承っております金国法律事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です