改元迫る

2019年4月30日に今上天皇が退位され、5月1日に皇太子殿下が新天皇に即位されます。それに伴い、平成の世は来年4月末で終わり、5月1日からは新元号に変わります。

最近は、我々の仕事においても改元を意識することが増えてきました。例えば、裁判などで和解条項の支払期限を定めるとき、2019年5月1日以降に支払期限がある場合には、従来は、「平成○年」と和暦で明記していたのですが、最近では「2019年」などと西暦で表現するようにしています。その理由は言うまでもなく、未だ新元号が発表されておらず、和暦(平成)では架空の年月表記になってしまうからです。また、同様の理由で、来年の手帳やカレンダーでも、「平成31年」という表記はなく「2019年」という表記のみとなっています。

平成の世が始まってから早30年立ちました。昭和の時代の頃はまだ若かったこともあり、年月が過ぎるのがゆっくりとしていたような気がしていましたが、平成になってからは時が経つのは非常に早く感じます。これは年齢だけではなく、携帯電話やインターネットといった即時に物事を伝えるツールができたことによって、時間の動きがそれ以前に比べて異常なほど早くなったことも影響しているのかもしれません。

なお、新元号について、政府は事前公表を予定しているとのことですが、公表時期について、新天皇が即位する1か月前という報道もあれば、1週間前から10日前、あるいは統一地方選がある4月21日頃など、情報が錯綜していてよく分かりません。1か月前に発表するとの説は、システム改修等に要する時間を考えてとのことですが、知り合いのシステム・エンジニアから聞くところによると、和暦でコンピューターシステムを組んでいる場合、改元に伴う作業量が膨大すぎて、とても1か月では間に合わないと悲鳴をあげています。もう少し余裕をもって発表してもらえると良いのにと思いますが、政治的な思惑もあってなかなか難しそうな様子です。いずれにしても、大きな混乱なく新たな時代のスタートを切れると良いですね。

そして、平成が終わり、次の新しい時代は、果たしてどのような世の中になるでしょうか。

少子高齢化が進む日本が人口減少社会になることは確実であり、労働力不足を補うため、近時の入管法改正案にあるように、多くの外国人労働者等を受け入れることで在留外国人が増えていくことでしょう。それにより、主にはアジア圏(フィリピン、ベトナム、インドネシア、ネパール、ミャンマーなど)から、多くの外国人が在留し、そのうち一部の方は家族を作り、日本に永住する方も増えることになるでしょう。外国人と結婚する方も増えるでしょう。そうして、日本は多様な民族、言語、宗教、文化などと共生する社会になっていくのかもしれません。

そうなると、島国のため均一的だった日本は、有史上、初めて多文化社会に突入していくことになります。平成の次の世は、激動の時代になるかもしれませんね。

 

名古屋駅すぐ。交通事故、不倫、離婚、労働問題等についての法律相談を承っております金国法律事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です