名古屋駅より近くの弁護士法人
金国法律事務所

お問い合わせ

法人の方
契約書作成等

契約書作成

大半の契約は口約束でも成立します。しかし,ビジネスにおいては、口頭だけの取り交わしでは,契約内容が明らかでなく,また契約が成立したこと自体の証拠も残らないため,後になって紛争が生じた場合には泣き寝入りせざるを得なくなります。 また,近時はインターネット上に契約書の雛形がアップされているのを見かけたりしますが,それをそのまま使用した契約書を使って契約している中小企業も多くおられます。しかし,一見するとそれなりの体裁が整っているように見えても,その事業者の業態や取引に適した契約書である保障はありません。

契約書のチェック

取引の相手方が作成した契約書にそのまま署名捺印してしまう事業者も多く見受けられます。しかし,取引の相手方が作成した契約書は,相手方にとって有利な条項(裏を返せば,こちらにとって不利あるいはリスクのある条項)が含まれている可能性も高く,きちんと条項を確認せずに一度契約してしまうと取り返しのつかない事態に至ることもあります。

専門家の関与

重要な契約や複雑な内容をもつ契約,継続的な契約を取り交わす場合には,専門家の関与の下,どのような契約内容を定めておきたいか,個別のケースにおいてどのようなリスクを防いでおきたいかを念頭において,法的にきちんとした契約書を作成しておくことが重要です。 また,相手方が作成した契約書についても法的観点から問題がないかをチェックすることは,法的リスクを可能な限り低くし,安定した事業活動にとって重要といえるでしょう。