金国法律事務所
  1. HOME
  2. 取扱業務一覧(個人の方)
  3. 交通事故

交通事故個人の方

交通事故について

もし交通事故に巻き込まれたら。
あなたの治療費や慰謝料は、加害者ではなく相手側の保険会社との交渉になります。
交通事故における慰謝料額の算定は、いろいろな諸要素によって複雑に変動し得るものです。
また、示談金の項目は複雑多岐にわたります。
そのため、示談金の額が本来あるべき正当な金額よりも少なくなってしまっているケースも多くあります。
弁護士に相談していただければ、裁判を想定した基準での交渉が可能になるため、示談金や慰謝料が大幅に増額される可能性が高くなります。

あなたのお悩みをお選びください

むち打ち症になられた方 交通事故でケガをされた方 物損事故にあわれた方 事故でご家族を亡くされた方 事故を起こしてしまった方 よくあるお問い合わせ

交通事故発生から解決までの流れ

交通事故発生から解決までの流れ

上の図の通り、交通事故に遭われた方は、色々な問題に直面します。 これらの問題をすべてご自分で解決するのはなかなか難しいものです。
当事務所へご依頼いただければこれらの問題を一括してお引き受けすることができます。
交通事故に遭われたら、まずは当事務所へご相談ください。

当事務所への相談・受任から解決までの流れ

弁護士への相談・受任から解決までの流れ

交通事故の知識


むち打ち症とは?

むち打ち症

むち打ち症とは、交通事故で首などに不自然な力がかかったことによる捻挫のことをいいます。
交通事故で衝撃を受けると、鞭がしなるように首が動くので、むち打ちと呼ばれます。
病院(整形外科)では、頚椎捻挫や頚椎挫傷,外傷性頚部症候群などの診断名がつけられます。
事故後になって、痛みが現れ、長期間その痛みが残存することがよくあります。
また、首の痛みだけでなく、手や腕がしびれたり、めまいがしたりといった症状も散見されます。
しかしながら、むち打ちは、レントゲンには写らないということが大きな特徴です。
そのため、交通事故損害賠償実務においては、非常に難解な問題を含んでいる人身損害といえますし、きちんとした治療、賠償のうえでも専門的な対応が必要になる分野といえます。

当事務所では、事故発生・治療中・症状固定・後遺障害申請・示談交渉のどの段階の方でもお力になれます。
特に、交通事故でむち打ち症になった場合、治療中の早い段階からサポートしてくれる弁護士がいることが大事です。
交通事故でむち打ち症になると、それぞれの段階で、多くのお困りごとが出てきます。お早めのご相談が、より良い解決にとって不可欠です。

更に詳しく知りたい方は、当事務所の交通事故専門サイト むち打ち症についてをご覧ください。


人身事故について

交通事故でケガをされると、様々な問題に直面します。
治療期間、保険会社の治療費支払いの打切り、休業損害の支払い、後遺障害の等級認定、過失割合、慰謝料の金額の交渉・・・。
ケガによる痛みが残っていたり、通院も余儀なくされている状況の中で、これらの問題をすべてご自身で解決していくのには心身の負担がかかってきます。
交通事故で負傷した場合、大まかには、入通院治療、症状固定(治療の終了)、示談交渉(場合によっては訴訟)という流れで進行していきます。その過程で相手方の対応に疑問を感じることや自分では対処できない事態に陥ることもあります。また保険会社の賠償提示額が果たして妥当なのかどうかを判断することは専門知識がないと困難です。
これらの問題を適切に解決するには、早めの対処が肝心です。当事務所では、事故発生直後から解決に至るどの段階においても相談を受け付けております。
交通事故に遭われた方で、判断や対応に困った方は、まずは弁護士へご相談されることをお勧めします。

更に詳しく知りたい方は、当事務所の交通事故専門サイト 人身事故をご覧ください。


物損事故について

交通事故に遭われケガをしなかったとしても、自動車などが壊れて損害をうけたことになります。
物損事故であっても、法的な問題が起こることは思いのほか多くあります。当事務所にも、物損についてお困りの方が相談に来られることが少なくありません。
物損に関してよく問題が起こるのは、
①修理代、 ②代車料(レンタカー代)、 ③評価損です。

更に詳しく知りたい方は、当事務所の交通事故専門サイト 物損事故をご覧ください。


死亡事故について

家族が交通事故で突然亡くなった・・・。
昨日までいた家族が、事故によって突然いなくなってしまったことによる喪失感は計り知れません。ご遺族の方は、突然の出来事に直面し、物心両面において甚大な負担を抱えられているかと思われます。
私たち弁護士は、死亡事故において、突如亡くなられた方の無念を思い、ご遺族の方に寄り添いながら正当な補償を受けられるよう、最大限の支援を図ってまいります。
死亡事故の場合、相手に対して請求できる損害賠償には、
①葬儀費用、 ②死亡逸失利益、 ③死亡慰謝料があります。
※この他に、死亡までに治療費を支出した場合は、その治療費も請求できます。

更に詳しく知りたい方は、当事務所の交通事故専門サイト 死亡事故をご覧ください。


過失割合について

過失割合とは、発生した交通事故に対する責任(不注意、過失)の割合のことです。
単純な追突事故を除いて、多くの事例で過失割合が争いになります。
過失割合は、損害の全項目に関わってきますから、過失割合次第で、結果として金額が大きく異なってくることもあります。
したがって、過失割合は、交通事故においては極めて重要な問題といえます。
過失割合について争いがある場合には、交通事故に関する資料を可能な限り収集し、それらの資料を綿密に精査した上で、客観的な資料に基づいた主張が重要となります。

更に詳しく知りたい方は、当事務所の交通事故専門サイト 過失割合についてをご覧ください。

保険の知識について

保険の知識について

車を所有する場合、自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)は強制加入として当然入っていますが、ほとんどの方は自賠責保険とは別に保険会社の自動車損害保険(任意保険)に入っていると思います。
もっとも、自賠責保険や自動車保険の内容について詳しく知っている方は少ないのではないでしょうか。
自動車保険についてあらかじめ知っておくと、いざ交通事故に遭ったときに慌てずに対応することができるでしょう。

更に詳しく知りたい方は、当事務所の交通事故専門サイト 保険の知識についてをご覧ください。




傷害事故に関する損害

治療に関する損害

途中から治療費を払ってもらえなくなった。


保険会社による一方的な判断で、治療費を途中で打ち切られる場合があります。
症状があり、まだ治療を続けたほうが いいという医師の判断があれば、後から未払いの治療費を請求できますので、早めに弁護士にご相談ください。
治療終了後、弁護士による交渉や訴訟を通じて、未払いの治療費を回収していきます。
治療期間の長さは、後に傷害慰謝料にも影響してきますので、重要なファクターとなります。

傷害慰謝料(治療期間に応じた慰謝料)

保険会社から提示された慰謝料の額が低すぎるのでは?


相手の保険会社から提示される傷害慰謝料は、各保険会社で定められた基準で出されるものです。
この基準は、裁判で認められる基準よりかなり低い金額です。
弁護士が交渉することで、傷害慰謝料の額を裁判基準に引き上げることができます。

交通事故でケガをされると、精神的な苦痛を受けることになります。
治療を受ける間、痛みに耐えなければなりません。 また、治療やリハビリによる手間もかかります。
このような苦しみをお金で償うのが傷害慰謝料です。
ご依頼者様の苦しみに見合った傷害慰謝料を受け取れるよう、弁護士が全力でサポートします。

休業に関する損害

主婦でも休業損害は払ってもらえるの?


休業損害とは、交通事故による負傷のため、働くことができない期間中に失った収入のことを指します。
給与の不支給分・収入の減少分などのほか、賞与、昇給、手当などがこれに含まれます。主婦の場合でも、休業損害は支払われます。
弁護士がつけば、つかない場合と比べて、より多くの休業損害を得られる場合があります。
弁護士がつくことによって、休業損害の額を適正なものにしていくことができます。

後遺障害に関する損害

後遺障害が残った場合、何を支払ってもらえるの?


事故によるケガが、治療してもこれ以上回復の見込めない状態となって後遺障害の等級が認定された場合、逸失利益(後遺障害を負ったことにより労働能力が低下し、将来に渡って失う利益)と、後遺障害慰謝料(後遺障害を負うことによる肉体的・精神的負担に対する慰謝料)が支払われます。
これについても、保険会社の基準と裁判基準でかなり額が違います。
弁護士が入ることによって、裁判基準に近い適正な額にしていきます。

死亡事故に関する損害

葬儀関係費
死亡慰謝料
死亡による逸失利益

交通事故で家族を亡くしてしまった。
  相手保険会社からは何を支払ってもらえるの?


死亡事故の場合、葬儀費だけでなく、死亡による慰謝料や逸失利益(本来事故がなければ得られたであろう給与や収入等のこと)など、項目は多岐にわたるため、金額も高額になります。
特に慰謝料は、死亡による慰謝料だけでなく、親族固有の慰謝料も請求できます。
また、死亡事故の場合、お金の面だけでなく、大切な家族を亡くされたことによるお気持ちの面も大きいと思います。
弁護士が入ることによって、ご遺族の気持ちやご意向を最大限汲み取って、十分納得のいく解決を目指します。

物損に関する損害

車両自体に生じた障害
車両が使えなくなったことに関する損害(代車料について)
その他の損害(税金・廃車・自賠責保険についてなど)

事故によって車が使えず困っている。
  修理代だけでなく、修理に出している間のレンタカー代も請求したい。


車を修理に出すことによって車が使えなくなった場合、代車料(レンタカー代)を請求することができます。
この代車料の額で争いになることもしばしばあります。
弁護士にご依頼いただければ、適正な代車料を請求することができます。

請求手続きについて

後遺障害(自賠責の等級認定への申請やアドバイス)

むち打ちで首に痛みが残っているのに、
  自賠責の等級認定で非該当になった。この結果に納得がいかない。


むち打ちでも、長期間治療を行ったにも関わらず完治せず、痛みが残ってしまった場合は、後遺障害等級の認定を受けることができます。
納得のいかない自賠責の等級認定結果に対しては、異議申立てをすることができます。
弁護士なら、等級認定を受けるためのサポートをすることができます。
痛みが残っているのに後遺障害の等級認定を受けられず納得がいかない方も、ぜひご相談下さい。

治療費の打ち切り時の対応

相手の保険会社から、「治療費の支払いは今月末までにします」と言われた。


相手の保険会社から、「今月で治療をやめて下さい。」と言われることもあります。
しかし、そんなときでも相手の保険会社の言いなりになる必要はありません。
痛みがまだ残っているのですから、健康保険を使って治療を続けたほうがいい場合もあります。
治療期間は、傷害慰謝料の額にも関わりますので、保険会社から打ち切りの連絡が来た場合はお早めにご相談ください。
治療費の打ち切りそのものを食い止めることはできないかもしれませんが、交渉次第で支払期間を伸ばすことができる場合もあります。
また、弁護士ならば、打切り後に被害者の方が支払った治療費を、交渉や訴訟によって回収していくことができます。

お問い合わせ

下記よりお気軽にお問い合わせください。

ページトップへ戻る