名古屋駅より近くの弁護士法人
金国法律事務所

お問い合わせ

個人の方
債務整理

債務整理とはいっても、以下に示すようにたくさんの方法があります。また、借金に困っている方の理由、状況は様々です。したがって、最適な債務整理の方法についても多種多様であるといえます。
ご自身の抱える借金についての悩みを一人で模索するのではなく、まずは、専門家である弁護士にご相談ください。

弁護士に依頼するメリット

現在の経済状況をお聞きして、どのような債務整理を行うのが得策かを見極めます。また、弁護士が受任することによって、弁護士が窓口となり、債務者の方への取立てを止めることもできます。

任意整理

こんな方におすすめ

借入金額や借り入れ件数が収入や資産と比べてそれほど多くない方。

債権者(銀行、消費者金融、カード会社、お金を貸した友人など)との個別の話し合い・交渉によって、収入の範囲内で無理なく返済していけるように借金を整理します。例えば、今後の金利をカットしたり、借金の総額や毎月の返済額を減額する、支払い回数を増やして月額の負担を下げる、といった方法も可能です。そのため、住宅ローンと車のローンは支払いながら、消費者金融についてのみ整理をする、といった方法も考えられます。また、返済した額が多い場合や長い期間返済し続けていた場合、過払い金が発生し、既に支払ったお金が手元に戻ることもあります。

借入金額や借り入れ件数が収入や資産と比べてそれほど多くないといった人にお勧めの方法です。

個人再生

こんな方におすすめ

任意整理では難しいけど
債務が5分の1になれば何とか返済していけそうだといった方や、
住宅ローンが残っていて、家を手放さずに債務を圧縮したい方。

裁判所へ申し立てることによって、減額された借金を最大3年かけて分割で返済していく手続です。自己破産のようにすべての債務を免責(借金をゼロにすること)にするというわけではなく、原則として債務が5分の1に減額されます。また、個人再生の大きな特徴の一つとして、住宅ローンが残っている場合に住宅を残すことができる点があります。一定の条件を満たせば、住宅ローンを支払いながら、それ以外の債務を圧縮することが可能です。

任意整理では難しいけど債務が5分の1になれば何とか返済していけそうだといった方や、住宅ローンが残っていて、家を手放さずに債務を圧縮したいといった方にお勧めの方法です。

自己破産

こんな方におすすめ

客観的に、どうがんばっても借金を返済できない状態であれば、
自己破産を選択して清算を試みたうえ、再スタート(やりなおし)を切ったほうが、あなた様はもちろん、第三者に対してもメリットになる場合が多いといえます。

裁判所のへ申し立てることによって、債務を免責(借金をゼロにすること)してもらいます。自己破産して、その後免責が許可されると、税金等を除くすべての借金を返す必要がなくなります。一方、持っている資産は一定額を除いて債権者に配当されます。

自己破産と聞くと、人生の終わりというイメージを持たれたり、不利益が大きいと思われるかもしれません。しかし、実際はそのようなことはありません。自己破産は、今までの借金をすべて清算し、再スタートを切るための第一歩であり、誠意ある債務者を救うための手続といえます。
 
一定の財産を残すことも許容されており、現状の生活を大きく変えることなく、借金を清算して生活の再スタートが可能になることがほとんどです。
 
借金を返そうと必死になって、無理をして新たに借金を増やしてしまえば、ご依頼者様も苦しみますし、新たな債権者に迷惑をかけることも大いにあり得ます。
 
客観的に、どうがんばっても借金を返済できない状態であれば、自己破産を選択して清算を試みたうえ、再スタート(やりなおし)を切ったほうが、ご依頼者様はもちろん、第三者に対してもメリットになる場合が多いといえます。