052-446-6331
mail

Q&A

不倫慰謝料に関するQ&A

Q 最近、夫(妻)の様子がおかしいので、後ろめたい気持ちがありながらも夫の携帯電話のメールやLINEを見てしまいました。そうしたところ、私の知らない異性の方との愛情表現を含むやり取りがされているのを発見してしまいました。このようなメール等を証拠にして慰謝料を請求することはできますか?
A

自分の配偶者が「会いたい」「大好きだよ」「一緒にいたい」等といった愛情表現を含む内容のメールやLINEを他の異性に送っていることからすると、まずは不貞を疑いたくなるかと思います。もちろん、このような愛情表現やり取りからしますと、通常は何かしらの恋愛感情を持っていると思われますので、不貞行為の有力な証拠になります。ただし、このようなメール等のやり取りだけでは、必ずしも性交渉があったとの確証にはなりません。
  では、本当に不貞行為がなかった場合(あるいは配偶者が不貞を否定した場合)に、愛情表現を含むメール等のやり取りだけで慰謝料を請求することができるか、すなわちこのようなメール等のやり取りのみで法的に不法行為といえるかどうかが問題になります。
 この点について争われた裁判例では、このような愛情表現を含むメールは、性交渉の存在を直接推認するわけではないものの、相手に対して好意を抱いており、その相手と会っていることを示唆するばかりか、身体的な接触を持っているような印象を与えるものであり、これを読んだ場合、婚姻生活の平穏を害するものであるとして、不法行為の成立を認めた事例があります。もっとも、あくまでメールのやり取りだけで性交渉をした事実までは認定されておりませんので、慰謝料の額は低額となっています。
  したがって、配偶者の愛情表現を含むメール等を発見した場合には、すぐに慰謝料請求を起こすより、他に不貞の証拠がないか注意深く探ってみる方がよいと思われます。また、メールやLINE以外にどのような証拠が揃えば不貞が認められるかは専門的判断が必要になってきますので、一度専門家にご相談されるとよいでしょう。

Q  夫が同じ勤務先の女性と不倫していたことがわかりました。不倫相手の女性が許せないので,勤務先へ行って,相手女性と直談判して来ようと思いますが,問題はないでしょうか?
A

 夫の不倫が発覚し,不貞相手の女性が許せないというお気持ちになるのはとてもよくわかります。しかし,不貞相手の職場へ訪問すると,逆に相手方から訴えられるなど法的紛争が生じるおそれもあります。
 過去の裁判例では,妻が夫の不倫相手の女性の勤務先へ訪問し,不倫相手の女性に対し,事前に送った内容証明郵便を受け取ったかどうか確認し,さらに勤務先へ電話をし,不貞相手の女性に対して「きちんと対応して下さい。証拠は揃っていますから。」などと述べたことが原因で訴訟にまで発展したケースもあります。
もっとも,この事件の判決では「その内容,程度等に照らし,妻たる原告が夫の不貞行為の相手である被告に対し,面会を求めたり,差し出した内容証明郵便を受け取って読んだか否かの確認のために勤務先会社に電話をしたりした行為が,被告に対する違法な嫌がらせ行為として不法行為を構成するとまでは認めることができない。」と判断されました。
 とはいえ,この裁判例は妻が行った具体的な行為の内容や程度に照らして違法ではないと判断したものですから,勤務先へ訪問した時間や,訪問した際の言動の内容や程度,訪問によって不貞相手の女性や勤務先の業務に与えた程度等によっては,不法行為として損害賠償義務を負う可能性も考えられます。
 何より,感情にまかせて突然相手女性の勤務先へ押しかけることは,勤務先との関係でも無用なトラブルを招く危険が高いので,違法となるかどうかは措くとしても差し控えた方が無難でしょう。不倫の相手方が許せないときは,専門家にご相談の上,対応されることをおすすめ致します。

Q 妻と不仲になり、昨年から妻と別居しているのですが、別居した後になって恋人ができました。そうしたところ、妻から不倫だと言われてしまいました。この場合でも、私は妻に慰謝料を払わなければならないのでしょうか?
A

不倫によって慰謝料を支払わなければならないのは、結婚生活(夫婦関係)の平和の維持という権利利益を害する場合に限られており、不倫を始めた時点で既に夫婦関係が破綻していた場合は、特段の事情がない限り、夫婦関係)の平和の維持という権利利益がないことになります。そのため、不倫を始めた時点で既に夫婦関係が破綻していた場合は、原則として慰謝料を払う義務を負うことはありません。

ご質問のケースでは、妻と不仲になって別居しており、別居は通常、夫婦関係の破綻を示す事情とされているので、不貞慰謝料の支払義務を負う法的義務はないとされる可能性が高いと考えられます。
もっとも、夫婦が別居していたとしても、別居してからの期間がそれほど経っていないような場合など、必ずしも夫婦関係が破綻していたとされないケースもあり、夫婦関係が破綻していたかどうかは個別の判断になります。

上記のご質問のような状況で慰謝料を請求されてお困りの方は、一度弁護士までご相談下さい。